精神的要因でEDならバリフ

ED(勃起不全)で悩んでいる男性は年々増加しているそうです。
その原因はいろいろあるとされています。
高齢者では老化が原因とされることが多いですが、実は若者の間でもEDが増えています。
若い男性の勃起不全の原因で多いのが、精神的な要素が挙げられます。
そのような人にオススメなのが性行為の前にED治療薬のバリフを服用することです。

ED治療薬というのは筋肉を弛緩させることで血流を増やす、その結果陰茎に血液が満たされて勃起するというシステムです。
そのため、基本的には精神的要因による勃起不全には効果がありません。
しかし、身体的な効果があるため、服用後に性的刺激を与えると精神とは無関係に勃起するのです。
それは通常の勃起不全と同じですが、精神的要因であるときは根本治療にもなる可能性もあります。
精神というのは不思議なもので些細なきっかけで大きく変化するものです。
一度成功体験をしただけで、今までできなかったことがいとも簡単にできてしまうことがあります。

それは精神的に「できない」と思い込んでいたところ、実際に成功体験してしまったことでその思い込みが払拭したことで起こる精神状態の変化です。
たった一度の成功体験で大きく様変わりするわけです。
つまり、バリフの力を借りたとしても一度性行為を体験することで「自分はできる」という精神状態に持ち込むことができるのです。
そうすると次からは医薬品の力を借りることなく性行為を何の躊躇いもなく実行することができるのです。
基本的にED治療薬は対処療法であり根本治療ではありません。
そのため、性行為する前に毎回服用する必要があります。
しかし精神的な要因で勃起不全になった人は一度成功を果たすことで、次からは必要なくなることも多いのです。
つまり根本治療となるわけです。
では、なぜバリフなのでしょう。
ED治療薬にはいろんな種類があるのですから、どれでもいいはずです。
もちろん、どれも効果があるため、どれでもいいです。
が、これはジェネリック医薬品であるため価格が安価なのです。
しかも、1錠利用して今後必要なくなる可能性もあります。
そのとき、余った医薬品が無駄になってしまうのです。
最小でも10錠で販売されており、バリフの先発医薬品であるレビトラですら一錠1500円ほどします。
1度で精神的要因の勃起不全が治ったなら、残りの9錠つまり1万3000円が無駄になることもあります。
その無駄を減らすためのバリフというわけです。
それは経済的なリスクの軽減というだけでなく、金銭的なプレッシャーを回避させる目的でもあります。
やはり高い医薬品を使っていたら、「高い医薬品を使っているから絶対に効果を出さないといけない」と精神的なプレッシャーを感じることもあります。
それが要因となって性行為がうまくいかない可能性もあるのです。
その可能性の芽を摘むためにも、安いジェネリック医薬品を利用したほうがいいわけです。

Comments are closed.