バリフは即効性のあるED薬です

 

東京で日々生活をしていると、忙しいことが当たり前になり、身体や心が休まることなど忘れてしまったと言う人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちは、気がつかないうちに勃起障害などに陥ってしまっていることもあるのです。
例えば、勃起をしても長続きがしない、中折れ状態になってしまう、また興奮はするのだけれど十分な勃起をしないなど、男性にとってとても辛い現象になってしまうことになってしまうことです。
忙しい以外にいろいろな理由も考えられますが、ストレスなどもその原因のひとつに考えられるのでしょう。
この勃起不全を今ではEDと呼ぶ場合が多く、ErectileDysfunctionの略語を使うことが多いのです。

このED治療に活躍する薬が、あのバイアグラになります。
1999年に始めて発売されたバイアグラは、このEDに悩む人とっては最良の治療薬になり、病院へ足しげく通う人も見られたのです。
中には若い男性もいることから、多くの人が悩んで来たことが判ったのです。
ですがこのバイアグラ、服用方法が決まっており、応用が効かない欠点があります。
それは空腹時の服用であり、1時間ほど前に服用することがベストとされることです。

これでは、あまりにもぎこちないことになり、行事を行なう雰囲気にもなり、気分を害するという意見も出ていたのです。
そのためこのバイアグラの改良を目指し発売されたのが、レビトラでした。
バイアグラと違うところは、まず食事の制限を受けないと言うことで、いつ食事をしても構わないと言うことです。
ですから女性と二人で食事をした後でも、服用することで性行為に進むことが出来る便利な薬になります。
更には、即効性もあり時間を取る必要がないことです。
これも時間を気にすることがなく、いつ服用しても良いと言うのですから、とても便利に服用出来るのです。
ですが問題がひとつあります。
それは価格が高いことにあります。

レビト1錠当たりの価格は、10mg/1500円、20mg/2000円程度になっているのです。
一度の価格がこの価格ですから、月に10回も頑張ってしまうとかなりの散財にもなってしまいます。
そこで嬉しいのがジェネリック医薬品の登場です。
日本国内では認可されていないのですが、インドなどの国では認可されて販売されているジェネリック医薬品バリフがあります。
レビトラのジェネリック品と言うことで、成分は同じで出来ていることから、効き目も副作用もほぼ同じになります。
違いは、価格にあり、20mg1錠当たりで390円になり、実際使用する時はこの半分の量で良い訳ですから、10mg1錠当たりで180円ほどになり、10分の1近い価格にまでなってしまうのです。

この価格ですと、財布に優しい薬になると思われます。
バリフの購入は、海外からの個人輸入代行者に依頼することになりますが、インターネット上ではたくさんのサイトが開かれています。
信頼の出来る業者を選び、正規品の購入をされるようにして欲しいものです。

Comments are closed.